井草実業と最終処分場での廃棄物処理の意義について

株式会社井草実業は昭和38年に設立され、群馬県桐生市菱町に本社をもつ50年くらいの歴史を持つ、資本金1200万円の企業です。
井草実業は廃棄物を取り扱う事業を積極的に展開している企業です。井草実業の産業廃棄物関連事業には、産業廃棄物収集や運搬業務及び最終処分などが含まれます。
井草実業は太陽光発電関連の許可も得ており、群馬県を中心に活動している会社です。

この企業は、利用者目線に立ったサービスに力を入れており、利用する人々のことを考えたサービスが丁寧に行われています。
一般的に廃棄物関連事業を展開している企業にとって、処分場施設の周辺に対する影響は懸念材料の一つと言われています。
井草実業は、地球環境を考えて自然の保全という点から、環境に配慮した廃棄物処分が行われている企業です。

井草実業の群馬県の桐生市にある桐生処分場は、群馬県ではたいへん重宝されている処分場といえます。産業廃棄物処分の最終処分場でもある桐生処分場は、その周りには自然が豊富です。
近隣住民の住居も最終処分場からある程度離れたところにあり、周辺住民に対する影響が及ぶという点では適切な距離感が保たれている企業といえます。

桐生処分場は82000平方メートルを超える広さをもち、その埋め立て可能面積は37000平方メートル以上です。廃棄物の埋め立て可能な容量は、612554立方メートルといわれています。
処分場の大きさという点で、近隣地域において特にずば抜けているともいわれています。
この処分場は、操業開始後3年ほどという比較的新しい最終処分場で、各種設備も整えられ、地球環境のことを考えた、環境に配慮した廃棄物処分が行われています。

この処理場では、廃棄物を環境に無害な状態させた後で、埋め立ての方法によって、処分をしています。
埋め立てられた物質は、その後、地中の微生物によって分解されて、最終的に数十年後には土壌へとなっていきます。

このように、廃棄物処理において地球環境対して最終処分場が果たす役割はとても大着いと考えられています。
そして、現代の私たちの生活において最終処理場は不可欠なものとなっています。

廃棄物処理は不可欠なプロセスですが、その廃棄物を微生物の役割を活用して、最終的に処理して自然に還していくための最終処理場の役割は、地球環境という点でもとても重要です。
井草実業は環境の保全という点で事業活動を通し、とても大切な役割を担っている企業といえ、井草実業の保有する最終処分場は将来性の高い優秀な施設といえるのではないでしょうか。