井草実業の桐生処分場と環境へ配慮したその取り組み

株式会社井草実業は桐生処分場を有し、環境保全という意味でも重要な役割を担っている企業といえます。
井草実業は関東地区では最大級といえるほどの大規模最終処分場を有しています。桐生最終処分場の操業がスタートしたのは平成24年ということなので、かなり最近のことです。

桐生処分場は、先進的な技術や設備を備え、利用者だけではなく、周辺住民にも配慮した廃棄物処理が行われている処分場として知られています。
桐生処分場での取り組みは、目に見えたり、目に見えない形で行われており、そのような意味で井草実業はより高い目標を目指して歩んでいる企業といえます。

この処分場はかなり大規模で、産業廃棄物処理に問題なく対応するくらいの面積と稼働能力を備えた処分場です。
アクセスという点でも、北関東自動車道のICから比較的近い場所にあるという点も利用者には歓迎されています。

多くの場合、最終処分場は廃棄物処理という性質上、都市部から離れた山間部など、不便な立地にあることが多く、アクセス面でも不便さがあると言われていますが、
井草実業の桐生処分場は高速道路インターから近い場所に建設され、利用者がアクセスという点で不便さを感じることもないという特徴があるのです。
これは企業による取り組みの工夫の一環でもあるでしょう。

産業廃棄物処理をする場合、課題になりやすいという点が自然へ影響と言われています。
この点についても、桐生処分場の埋め立てが完了した際には、埋め立てをした物質を土壌として活用するなどの有効活用できるような方法が採られており、
その取り組みの内容や方法なども工夫されています。

環境に配慮し、微生物の分解を通して自然のサイクルの中に位置づけるという取り組みが行われている点については評価も高いといえます。
一般的に家庭からの廃棄物や産業廃棄物は、地方自治体が管轄している焼却場などで焼却処分されます。
そして、ペットボトルや瓶、カンなどの資源ごみはリサイクルをされ、再び商品として流通します。

廃棄物の処理は焼却場などで行われるはずですが、なぜ最終処分場が必要になるのかという点については、ゴミ処理における多くの課題があったのです。
その課題に対応するために設けられたのが井草実業の桐生処分場である、そこではごみ処理された物質を自然に戻す取り組みが行われています。
この点が井草実業がエコに貢献する企業として注目されている理由といえ、今後も注目されていく理由と考えられています。