井草実業の桐生処分場の運営のポイント

株式会社井草実業は群馬県近隣地域からでる産業廃棄物処理を支えている企業です。廃棄物の種類には、一般廃棄物や産業廃棄物などがあります。井草実業は産業廃棄物収集や最終処分などの業務を行っている会社です。

通常、産業廃棄物は中間処理時にできるだけ多くの廃棄物がリサイクル処理されるように工夫されますが、どうしてもリサイクルすることができず、最終処分する必要のあるケースがあるのです。

そのような最終処分対象の廃棄物が最終処分場で埋め立て処理されます。井草実業の所有する桐生処分場はそのような役割を果たす処理場なのです。井草実業の桐生処分場は関東地区では最大級の最終処分場といわれ、そこでは安定型5品目が処理されています。

井草実業の桐生処分場は操業がスタートしたのが平成24年ということでかなり最近の処分場で、先進的な技術も用いられながら効率的な処理が行われています。従業員の数は10名と決して多くはないといえますが、スタッフは専門知識を有し、利用者だけではなく、周辺住民などにも配慮がなされた最終処分活動が行われているといえる、群馬県などでは知名度も高い処分場といわれています。井草実業の取り組みとして利用者のニーズに対応するということが挙げられます。

桐生処分場を活用する多くの業者などのアクセスの利便性に対応するため、北関東自動車道ICから20分という場所に処分場を建設を行うという立地上の工夫が行われています。

また、埋立容量61万?という、首都圏で最大規模の安定型最終処分場で、対応している産業廃棄物処理を問題なく行うことができます。
最終処分は非常に重要な廃棄物処理における重要な工程を担っており、もし問題があればその周辺地域に甚大な影響が及びます。

井草実業では様々な安全の取り組みも行われており、廃棄物処理の終着点として、自然との調和がはかられ、確実な最終処分が行われています。
株式会社井草実業は自然を大切にする企業ですから、これから益々注目され、発展することでしょう。
さらに、予期せぬ災害時に備え水路確保や調整池の整備が進められており、万が一の大雨などにも耐えられるような構造をもっており、
廃棄物は土砂災害などの起因とならないよう埋め立てが計画的に行われています。

また、桐生処分場は埋立が終了した後も、埋立地が最終的に自然に還るまで管理が続けられ、太陽光発電施設として活用されていく予定となっていると言われています。処分場が埋立てられた後も、地域や環境へ配慮された施設運営が行われるようになっています。