株式会社井草実業について

今現在、日本においては、中間処理施設や、最終処分場の不足というものが問題となっています。
処分されてしまった有害廃棄物の無害化には大変年数がかかり、それが終わるまでには、その土地を利用することが出来ません。
そこで、最終処分場を有しているという企業もいくつかあります。

その中でも、株式会社井草実業は、群馬県の桐生市菱町の企業であり、廃棄物関係の処理を行っている企業になります。
その歴史は長く、昭和30年代に設立後、現在に至るまで、50年以上の歴史がある企業になります。

井草実業では、大規模な処分場を有しているのが特徴であり、その処分場は、現在、最終処分場が不足していると言われている、
首都圏でも最大限の面積を有していると言うことで安定型の最終処分場として、廃棄物の埋め立て処分に取り組んでいます。

それぞれのお客様のニーズに応えるため、お客様が立ち寄りやすい立地において、経営しているのが特徴で、
最寄りのインターチェンジから、車で約20分というアクセスの良い立地なのが特徴です。

井草実業では、確実な処理を行うということ、環境・自然問題に取り組み、エコに関して力を入れています。
周辺の自然と調和を図り、以下にゴミ処理を行うかということを考えている企業です。
井草実業では、中間処理作業も行っていますが、この処理作業の中には、どうしても再利用ができない廃棄物が発生してしまいます。
しかし、徹底して減量化をし、最終処分をすることを目標としています。調整池、水路などの設備を有しており、
これらも災害の場合にも決壊しないように、入念に設計されているのが特徴です。

廃棄物の埋め立て処分に関しても、災害により、周辺地域に深刻な被害が出ないようにと、細心の注意を払い、処分を行っています。
井草実業の埋め立て地がその埋め立てが終了した場合には、その土地を元の状態に戻すために管理し、
そして最終的には太陽光発電システムを使い、埋め立て地として利用をした後の将来的にも自然に配慮をすることを設定しています。

処分場の残存年数は大体約13年程度といわれていて、処分場不足が問題視されているという首都圏に関しては、6年ほどと、全国の平均の半分以下という数字になっています。
株式会社井草実業が埋め立てを行っている、群馬県の桐生処分場は、有害物質を含んでいないと言うことと、
変質の恐れなどがないような、安定した5品目の廃棄物のみが埋め立て処分されているのが特徴です。