特定有害産業廃棄物とは

特定有害産業廃棄物とはどんな産業廃棄物なのでしょうか?そこで、特定有害産業廃棄物についてご紹介してみたいと思います。基本的には特定有害産業廃棄物も産業廃棄物の一種と考えられています。産業廃棄物の中のカテゴリーには特別管理産業廃棄物という種類があります。そして、特別管理産業廃棄物のうちで、特定有害産業廃棄物に該当する廃棄物が特別管理産業廃棄物の汚泥と呼ばれるものになります。この特別管理産業廃棄物は有害性があると考えられているのです。このように、特別管理産業廃棄物の汚泥は有害なものなのです。

廃棄物処理法第2条によると、特別管理産業廃棄物の汚泥は、事業活動を行っている時に活動に伴って発生した廃棄物のうち、工場廃水などの処理後に残る泥状のものをいいます。また、様々な製造業における製造プロセスで発生した泥状のものも特別管理産業廃棄物の汚泥に含まれています。特別管理産業廃棄物の汚泥には有機性・無機性に関わらずにすべて泥上のものが含まれるといわれています。

特別管理産業廃棄物に分類される産業廃棄物で、特に有害性の高い物質や有害性の高い物質を含んでいると判断される廃棄物が特定有害産業廃棄物ということになります。具体的には、重金属や有機塩素化合物やダイオキシン類を一定濃度以上含んでいる汚泥や、廃酸や廃アルカリ、廃PCB、廃石綿などが有害性の高いとみなされる特別管理産業廃棄物に分類される産業廃棄物です。これは、廃棄物処理法施行令第2条の4第5項の特定有害産業廃棄物の規定によるものです。

なお、特定有害産業廃棄物に該当するのかどうかという判定については、含まれている有害物質の濃度や廃棄物が発生する事業所の業種などによってなされるようになっているとされています。廃棄物処理法第2条第5項では特定有害産業廃棄物は、産業廃棄物のうちで、爆発性や毒性、感染性など、人の健康や生活環境に被害を生じさせるようなリスクのある性状をもつものと政令でさだめられていますので、特定有害産業廃棄物を廃棄する際の取り扱いなどについては、法令に従って十分な注意が必要とされ、その取り扱いは特定有害産業廃棄物の特徴に応じて行われるべきといわれ、一般的な産廃とは異なる取扱を行うことが必要とされると考えられています。

このように、産業廃棄物と特別管理産業廃棄物と特定有害廃棄物の関係性については法律で定められており、特定有害産業廃棄物は一般の産業廃棄物とは異なっている特徴をもっているといわれます。