井草実業の概要

株式会社井草実業は群馬県桐生市菱町に本社が置かれている廃棄物関係の事業を積極展開している企業でして、設立されたのは昭和38年となっています。
設立されて50年程度経過しており、その間には数多くの様々な業務に携わっています。

資本金は1200万円となっており、産業廃棄物関連の事業を主に行っているようで、産業廃棄物の収集や運搬業務だけではなくて、最終処分に関しても行っています。
また太陽光発電関連の許可も得ているということで、常に前進している企業だと言えそうです。

群馬県の桐生市に存在する桐生処分場を所有していることでも知られていて、群馬県では非常に重宝されている処分場でしょう。
桐生処分場は産業廃棄物を処分するための最終処分場で、周りには自然が豊富なので、近隣住民に何らかの影響が及ぶことは考えにくいでしょう。
そして適切な対策も為されていると思われるので、今後も積極活用されることが予想されます。

この桐生処分場の広さは82000平方メートルを超えており、埋め立て可能面積は37000平方メートル以上です。
ちなみに廃棄物を埋め立てすることができる容量については、612554立方メートルとなっています。
操業開始して3年ほどの比較的新しい最終処分場ということもあり、各種設備も整っているのではないでしょうか。
処分場の大きさも近隣の中では特に抜けていると言っても過言ではなく、使い勝手も非常に素晴らしい施設です。

群馬県を中心に活動している株式会社井草実業は、利用する人達のことを考えていることも特徴でして、利用者目線に立ったサービスがウリでもあるでしょう。
一般的に廃棄物関連の事業を行っている企業が懸念するのは、処分場施設の周辺への影響です。
しかしながら地球自然のことを考え、環境に配慮した処分が為されています。

日本各地に多くの最終処分場がありますが、それらの中でも優秀な施設だと言えるはずですし、非常に将来性も高いでしょう。